• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Flash10の新機能Pixel Benderをちょっとだけいじってみた。やばいかも。

Adobe Labs - Downloads: Flash Player 10
――Flash Player 10のダウンロードはこちら。

Pixel Bender Viewer
――まずはデモ。もちろん要FlashPlayer10。

Pixel Benderとは、Flashからシェーダを使うためのもの。といってもActionScriptに統合されているわけではない。
Pixel Bender Toolkitというアプリを使って、独自(たぶん)の言語でシェーダコードを書き、コンパイルすると*.pbjというファイルができるので、それを読み込んで使うらしい。

Pixel Bender Toolkit - Adobe Labs
――Pixel Bender Toolkitのダウンロードはこちらから。

Toolkitを立ち上げると、あなたが使ってるGPUはサポートしていない旨のアラートが表示されるが、単にこのバージョンではGPUをサポートしていないだけらしい。
適当な画像を読み込んで、Newして、左下のペインにコードを書く。
runボタンでテスト。
[File]-[Export ~]でコンパイル。パスに日本語が含まれてると失敗するぽい。

Pixel Bender Toolkit:Tutorial - Adobe Labs
――チュートリアル。

Toolkitに同梱されてるPDFを見ると、まだ言語仕様的にコンパクトそうだし、やるなら今。か。
しかしとうとうFlashがハードウェア依存するようになるのだなあ。

Video Card Support - Pixel Bender Toolkit

サポートGPUリストを見ると、NVIDIAとAMDだけ。チップセット内蔵GPUをいれないと、サポート範囲が狭すぎるのでは。
GeForceシリーズだと6以降なので、ShaderModel 3.0かな?

Adobe - Pixel Bender Exchange
――すでにExchangeが。
関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。