• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top

trick7.com blog: ActionScript 3.0 コーディング規約の日本語訳

軽く読み飛ばしていたけど、ちょっと気になったのでメモ。

自然に読めるような順番で比較文を書きましょう:

正しい記述例:

if (n == 3) // "もし n が 3 の時"

悪い記述例:

if (3 == n) // "もし 3 が n の時"
Expressions - Comparisonの項

悪い例として挙げられている、「if (3 == n) 」という記述法のメリットは、「==」を間違って「=」とタイプした場合にある。たしかJoel on Softwareで読んだ。

「悪い記述例」だとif (3 = n)となる。コンパイルエラーが発生し、プログラマはたちどころに間違いに気づくだろう。

「正しい記述例」だと、if (n = 3)となる。カッコの中は代入式となりエラーなしにコンパイルできてしまう。この間違いに気づくにはしばらくかかるだろう。

だからと言ってAS3コーディング規約が間違っているというつもりはない。「if (n == 3)」には、誰にでも理解しやすいというメリットがある。対する「if (3 == n)」は理解しにくいというデメリットがある。

それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらを選択するかはプライオリティの問題だと思う。たぶんAS3コーディング規約は、複数人で作業することを念頭において、他人が読んでも理解しやすいコードを書くことを目標としているのだろう。

Joel on Softwareを読んでたせいか、翻訳文体がうつったみたい。

Joel on Software
Joel on Software
posted with amazlet on 08.03.15
Joel Spolsky 青木 靖
オーム社 (2005/12)
売り上げランキング: 2805
関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。