• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
  • 当然WAVのほうがファイルサイズが大きい
  • 再生時の消費メモリはMP3のほうが小さいみたい
  • 再生負荷はWAVのほうが小さい(はず)

再生負荷実験

6チャンネル+テキトーな計算負荷

WAV:
20fps 50前後msec/frame 15.3MB
MP3:
19fps 50前後msec/frame 4.1MB

⇒再生負荷はほとんど変わらない。

6×5=30チャンネル

WAV:
100fps 10前後msec/frame 15.7MB
MP3:
90fps 10前後msec/frame 6.6MB
(ループ時にfpsが70ぐらいまで落ちる)
ADPCM:
100fps 10前後msec/frame 10.2MB
(ループ時もfpsは落ちない)

MP3の特徴

  • ループ時に一時的に負荷が高まる。(上の例ではfpsが70ぐらいまで落ちる)
    ⇒ループのたびにデコードしている?
  • 30チャンネル分を同時にplay()しているのに、タイミングがずれる
    ⇒デコード負荷のせいか?

ADPCMの特徴

  • ループ時も負荷が変わらない(ようだ)
  • 30チャンネル分同時にplay()しても、タイミングずれない

使ったことなかったけど意外と使えるかも。MP3とWAVの中間的特徴。
サンプルレートを落とすと、高音が出なくなり音質が変わる。あまり落とさないほうがいい。
ADPCMビットは、2ビットまで下げても音質に(そんなに)変化がない

関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。