• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top

基本

サウンドファイルをFLAに埋め込む場合

再生前に、ボリュームやパン等の効果を付けたい場合はSoundTransformでパラメータを指定します。
再生中に、ボリュームやパン等の効果を付けたい場合はSoundChannelでパラメータを指定します。
⇒なんで2つに分かれてるんだ!めんどくせ。

停止中も、SoundChannelに対するボリュームやパン等の操作は有効なようだ。
⇒勘違いでした。SoundTransformを保存しておいて、Sound.play()の引数に渡すようにすれば実現できる。

パブリッシュを高速化したい

  1. FLAにサウンドを読み込み、リンケージ設定
  2. サウンド保持用のMCをつくり、タイムラインにサウンドを埋め込む
  3. 上記MCをコンパイルされたクリップに変換

サウンドの外部ファイル化

サウンドを外部ファイル化したい場合、MP3しか読み込めない。
が、Player10以降なら、バイナリ扱いしてデコードできる。

ループ再生

サウンド関連のイベント

意外と少ない。

Sound

complete
データが正常にロードされたときに送出されます。
id3
MP3 サウンドで ID3 データを使用できる場合に、Sound オブジェクトによって送出されます。
ioError
入出力エラーが発生してロード操作が失敗したときに送出されます。
open
ロード操作が開始したときに送出されます。
progress
ロード処理を実行中にデータを受信したときに送出されます。

SoundChannel

soundComplete
サウンドの再生が終了したときに送出されます。

ループ再生時に、ループしたタイミングを知る手段がない予感。
SoundChannel.positionとSound.lengthを比較することでできるかな?
⇒↑これでいける。40分ぐらいまわしてずれなかったので、たぶん大丈夫。

関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。