• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top

今さらまとめ。太字は自分でつけた。

全体構造

ステージは、表示オブジェクトの基本コンテナです。アプリケーションには、画面の表示オブジェクトすべてを含む Stage オブジェクトが 1 つあります。ステージは、最上位コンテナで、表示リスト階層の最上位に位置します。

表示アーキテクチャについて -- Flex 2

参照先が消えてたので変更(2010/10/31)

Adobe ActionScript 3.0 * 表示のプログラミングの基本

アドビ-Flashクイックスタート:ActionScript 3.0を使用したプログラミング-表示リストのプログラミング

stage

rootが表示オブジェクトが追加されているコンテナを指すプロパティであるのに対し、stageは最上位の表示オブジェクトコンテナであるStageを指すプロパティ。

メインのタイムラインはstageに最初から追加されている表示オブジェクトコンテナ。
stageには表示オブジェクトコンテナを直接追加(addChild)することも可能。

Stageクラスのプロパティやメソッドはインスタンスメンバーであり、Stage.メンバーの式ではアクセス不可。
StageクラスのインスタンスメンバーにアクセスするにはDisplayObjectクラスすなわち表示オブジェクトのstageプロパティを介してアクセスしなければなりません。

BONKURA BLOG - [AS3.0]rootとstage

 FlashCS3で作っていると感覚的にはMainTimelineが土台という感じが強いが、FlexだとMainTimelineが無いのでStageが土台という感覚になる気がする。

メインタイムライン・ステージ・ルート

MainTimeline

ドキュメントクラスを追加する前のドキュメントクラス(つまりデフォルト)はどうなっているか、(中略)要するにデフォルトではMainTimelineというオブジェクトのインスタンスが割り当てられているようだ。stop()とかplay()を受け付けるのでMovieClipを拡張(extends)したクラスではあるらしい。

メインタイムライン・ステージ・ルート

root

AS2までは、_rootというグローバルプロパティだったそーなんですが。AS3ではrootという名前のDisplayObjectプロパティになってます。
rootはDisplayObjectなので、MovieClipと思って使おうとすると色々と受け付けてくれないメソッドやプロパティが満載です。
また動的に追加した関数にもアクセスできなかったりします。(中略)そういう場合は、MovieClipへキャストすればOKということらしい。

メインタイムライン・ステージ・ルート

また、次の条件のとき、rootはメインのタイムラインとならないので注意が必要。

  1. 表示オブジェクトがStageに直接追加されている→Stageオブジェクト
  2. SWFを読み込んでいる→読み込んだSWFのメインのタイムライン
  3. 読み込んだ外部イメージ(content.root)→Bitmapオブジェクト
  4. ドキュメントクラスを指定している→ドキュメントクラス
  5. 表示リストに追加されていない表示オブジェクト→null

BONKURA BLOG - [AS3.0]rootとstage

関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。