• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top

いまさらAS2用デバッグツールを試す。
ThunderBoltとOutを試したが、どちらも動かず。Xrayでやっとうまくいった。

Xray ( The AdminTool ) Open Source Flash

Xray概要

swf内部を調査するためのビューワ("Interface"と呼称)と、swfと"Interface"との通信をするためのライブラリ("Connector"と呼称)に大きく分かれている。2つともないと動かない。
InterfaceとConnectorそれぞれが、複数バージョン存在するのでややこしい。

FlashIDEで使う場合の準備

  1. Interfaceの"SWF Only"をダウンロードする[⇒Xray]。
  2. Connectorは"component package for AS2"をダウンロードする[⇒Xray]。エクステンションなので、インストールしてFlashIDEを再起動。
  3. "コンポーネント"パネルから"Xray Connector"コンポーネントをステージにドラッグ&ドロップして、ムービープレビューする。
  4. Interfaceを起動する。

使い方

  1. Interface左パネルの"GO"ボタンを押すと、swf内部のオブジェクト、プロパティが見れる。
  2. Interface右上の"Output"をクリックしてOutputパネルを表示。下の"Show Output?"にチェックするとデバッグ用出力を表示できる。

出力方法

global.tt()で出力

引数に複数オブジェクトを渡すことができ、ObjectやArrayなどもサポートされている。

_global.Xray.xrayLoggerで出力

_global.tt()と同様だが、複数メソッドを使い分け可能。

LogManagerクラスで出力

出力レベル設定ができるようだが、コンパイルエラーで使えない…。

AS2版

LogManager.setLevel()など、一部機能が使えない模様…。

公式情報

日本語記事

関連記事
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。