FC2ブログ
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top

CS4からはフレームスパンの最後部を引っ張ることで、トゥイーンにかかる時間の長さを相対的に調節できるようになりました。

空のキーフレームはフレームスパンの先頭をのぞき、挿入することができず、空のキーフレームを挿入する際には、一度そのフレームスパンを区切り、新しいトゥイーンを定義する必要があります。

トゥイーンオブジェクトを別フレームの別の位置にドラッグしてステージ上のモーションパスを編集した場合に、モーションがほかのセグメント(部分)よりも速い、または遅いパスセグメント(プロパティキーフレーム間)が作成されることがあります。これは、パスセグメント内のフレーム数がほかのセグメントよりも多い、または少ないためにおこるのですが、ロービングを行うことでトゥイーン全体でアニメーションの速度を統一することができる。

第3回 乗り換え必須!Flash CS4新機能徹底解剖 | Think IT

特定フレームを選択

フレームをCtrl+クリック

トゥイーンのケツを決める

フレームをCtrl+クリックで選択してから、右クリック→[モーションを分割]

イージングの種類をプルダウンから選べる

「シンプル(低速)」てのがデフォルトで、今まで使われてきたイージングみたい。

モーションエディタで編集したトィーンをリセット

「基本モーション」とかの右にある[値をリセット]ボタンをクリック

スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。