ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
FDjpプラグイン - FlashDevelop.jp
FDjpプラグイン
――ワードジャンプ、Always Compile、行移動、複数行コメントの一括折りたたみ・展開

FlashDevelop の簡易計算機プラグイン - blog.seyself.com
簡易計算機プラグイン

FlashDevelop 3, unsorted plugins - sephiroth.it - flash world
Flash API panel
――インストール後、ヘルプファイルを指定。
XPなら:
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash CS3\ja\Configuration\ActionsPanel\ActionScript_3\ActionsPanel_3.xml
Vista以降なら:
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Adobe\Flash CS3\en\Configuration\ActionsPanel\ActionScript_3\ActionsPanel_3.xml
⇒でも動かねえ!!!
(ASClassWizardは最近のビルドでは導入済み)

RsStudio Style - FlashDevelopを使おう
スポンサーサイト
page top
使えないと評判のflash.utils.Proxy。メモ。

クラスはdynamicじゃないとダメ。
implements使えないみたい。
page top
デザインパターンのわかりやすい記事を発見。

Flyweight パターンでは、軽量化されるべきインスタンスの生成や管理を行う Factory クラスを作成し、 軽量化されるべきインスタンスは、この Factory クラスを介して取得するようにします。

Flyweight パターンデザインパターン[モデリング] -TECHSCORE-



これいわゆるインスタンスプールだよな…。

Flyweightパターンは、軽量化・効率化を目的としたインスタンスプール。
page top

いつも忘れて、なぜか調べにくいのでメモ。

使えるHTMLタグ

<a>
<b>
<br>
<font>
<img>
<i>
<li>
<p>
<span>
<textformat>
<u>

TextField - ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド

使えるスタイルプロパティ

CSS プロパティActionScript プロパティ
colorcolor
displaydisplay
font-familyfontFamily
font-sizefontSize
font-stylefontStyle
font-weightfontWeight
kerningkerning
leadingleading
letter-spacingletterSpacing
margin-leftmarginLeft
margin-rightmarginRight
text-aligntextAlign
text-decorationtextDecoration
text-indenttextIndent

StyleSheet - ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド

使えるセレクタ

タグ
.クラス
a:hover
a:active
a:link
a:linkは使えないみたい。a:visited は不明。

セレクタは、本気で資料が見当たらない。

スタイルシートを使用すると、アンカータグに a:link、a:hover、および a:active の各スタイルを定義できます。

TextField - ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド

Flex4から、新たに
id セレクタ、子孫セレクタ、疑似セレクタ
が使えるようになった。

Flex 4 マスターシリーズ #04 Flex 4 CSS | デベロッパーセンター

<a>タグのクリックイベントの取得

<a>タグのhrefに 'event:[イベント名]' と記述する。

import flash.text.TextField;
import flash.events.TextEvent;   

var tf:TextField = new TextField();
tf.htmlText = "<a href='event:myEvent'>Click Me.</a>";
tf.addEventListener("link", clickHandler);
addChild(tf);

function clickHandler(e:TextEvent):void {
trace(e.type); // link
trace(e.text); // myEvent
}

TextEvent - ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド

page top
表示領域のサイズ
表示領域のサイズはStage.stageWidth,Stage.stageHeight。Stage.width,Stage.heightではない!(Stage.width,Stage.heightは実際の表示オブジェクトのサイズ)

functionの引数を配列で受け取る。
function myMethod( ... rest ):void
{
someArray.push.apply( someArray, rest );
}


マウスイベントを受け取らないようにする。
mc.mouseChildren = false;
mc.mouseEnabled = false;
mouseChildrenとmouseEnabledについて | 5ive.blog

int、uintの最大値に注意!範囲外の値を代入しても、エラーも出ない。
intは、-2147483648~2147483647。uintは、0~4294967295。

最大値以上の値を代入すると最小値に戻る。
var i:int = 2147483647+1;
trace(i); // -2147483648
var u:int = 4294967295+1;
trace(u); // 0

XMLのテキスト部分だけ取り出す
XML.text()でできるよ。

XMLのtrace()はかなり重いみたいで、タイムアウトすることも。タイムアウトエラーがとれなくてハマってたら、実はこれが原因だった!という笑えない話。
page top
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。