FC2ブログ
ASOK?
ActionScriptでFlashつくるよ

画像キャッシュの設定についてメモ。

Photoshop は画像キャッシュを利用することによって高解像度画像の再描写を素早く行うことができます。画像キャッシュを利用すると、Photoshop が低解像度の画像を使用してスクリーン上の画像をその場で更新することが可能です。画像キャッシュの設定は、Photoshop が保存(キャッシュ)する低解像度画像の数(1 ~ 8)で指定されています。Photoshop がキャッシュする画像の枚数が多いほど、画像ファイルを開く動作が遅くなります。既定では画像キャッシュのオプションが「4」に設定されていますが、この値を「1」に設定すると画像キャッシュが無効になり、スクリーン上の画像のみがキャッシュされます。画像キャッシュを「4」以上の値で設定すると、大きな画像で作業する際には、再描写が速くなることでパフォーマンスが改善されます。

[223028]Photoshop のパフォーマンスの最適化について(Windows)

高解像度画像の縮小表示高速化のために、縮小した画像をキャッシュするというように読める。要は3Dで言うところのミップマップだ。数の設定により、1/2、1/4、1/8、1/16…といったサイズの画像をキャッシュするのだろう。

つまり印刷用途のような高解像度画像向けの機能で、Web制作では不用ぽい。

スポンサーサイト



page top
Copyright © 2005 ASOK?. all rights reserved.